大きな存在

令和元年7月某日

 

雨が降っている。雨は、僕を憂鬱な気分にさせる。何かの本で、「ものは考えよう」というありきたりな言説とともに、雨を「世界を浄化する美しい現象」と捉えてみてはどうかという小学2年生でも思いつくような単純な話があった。まあ、でもそれはそうだ。種々雑多な物事をポジティブに捉えられる、捉える余裕のある人はそうでない人に比べて精神衛生が清潔に保たれている傾向にあるだろう。

 

しかし、今の僕にはそんな余裕などなかった。いわゆる、「鬱」の“ようなもの”が常に心の根底にあり、虚無感に襲われない日はない。事あるごとに劣等感を感じ、人を羨望する。

 

自殺願望や蒸発願望のあった、一番酷い時期は過ぎた。しかし、一度底を経験してしまったらそのよく分からない、薄っぺらくてくだらない“病み”という名の強固な檻を自分から取り除くのには相当の時間を要する。もしかしたら、一生続くものなのかもしれない。

 

一体、この檻とはなんなのか。僕は、割と暇さえあれば自分の心理状況について考えている。自分の心とかいうよく分からないものを括弧に入れ、相対化する。無意識レベルでそういうことをやる。

 

 

多分、檻なんか無いんだと思う。檻はそれ自体が何にも規定されずに独立して存在してるのではなくて、常に僕の意思によって出てきたり伏せたりする。檻の本質は、僕の意思だった。多分そんな感じなんじゃないかと思う。

 

至極単純な話に過ぎなかった。何かができない理由付けのために、僕は檻という便利なものを創造してしまった。一度構築された檻は、それ自身によっても、第三者によっても、もちろん取り外すことはできなかった。それが檻の本質だった。

 

檻のパターン化。僕は檻のスペシャリストになってしまった。思考回路のかなり重要な位置に、檻というアイテムが常備されるようになってしまった。檻という観念を、自分から除くことはかなり、難しくなってしまった。

 

自分の心理状況について考えてみることと、檻を外すことは、全く別の話だった。檻は、寒いから上着を着るとか、そのレベルだった。そのレベルにまで、侵食していた。檻を無くすということは、「寒いから重ね着をする」を「寒いから服を脱ぐ」という意思決定に変更するレベルで難しいことだった。

 

残念ながら、僕はそのような厳しい状況にいた。今口にした「厳しい状況」というのも、檻に過ぎないのだが。この問題は無限性をも孕んでいた。

 

ここから脱する方法はただ一つ、非常に安易ではあるが、何か僕の存在を心理面を含めて丸ごと正当化してしまう、大きな存在が必要だと感じた。

 

その存在とは、言うまでもなく恋人だった。僕は「彼女」ができたことがないので分からないが、「そこに愛があったから」世界が生まれたように、愛の普遍性は素晴らしく、人類全体、僕という存在に限ってもその存在の源には愛があるはずだ。

 

愛が存在の源なら、愛は、この僕の不安定な精神と肉体を丸ごとつつんで、僕という存在を担保し、僕という存在に正当性を与えてくれるはずだ。 

 

愛とは、すなわち愛されることなのだろう。偶然性の愛は今まであったのかもしれないけれど、今後の愛はそうではない。偶然の愛、つまり自分の出生に関わる愛と、今後得られる可能性のある愛は、全く違う。余りにも違う。これからの愛は、選ばれる愛なのだから。その事実に、希望があり、また幻想がある。

 

でも、結局は、楽しく性器を擦り合わせてる奴らには敵わないようだ。

 

 

 

 

 

言いようのない不安

“言いようのない不安”がある。

 

今僕が好きだった人間から教えてもらったnever young beachを聴きながら書いている。とても良い。

 

 

“言いようのない”不安なのだから、その正体がなんなのか自分でも分かっていない。

おそらくまあ「将来に対する不安」がその大半を占めているのだろう。しかし、「将来に対する不安」なら、「将来に対する不安」だが、僕が感じているのは“言いようのない”不安であって、“言いようのない不安” =「将来に対する不安」ではない。

 

自分で書いていて言ってることがよくわからないが、まあ良いや。んで、じゃあ今現在僕が感じている“言いようのない不安”とは一体なんなのか。

夜、寝るとき、強烈な不安感に襲われる。死にたい。とても死にたい。早く眠りにつきたい。寝れば“死にたい”という感情に襲われることはないから。ニヒル。ニヒル。うんち。そして、死にたい。毎日、死にたいと感じる。僕のメンタルは今マイナス感情がベースになっているので、死ねばプラマイ0でマイナスより良いじゃん!みたいなあまりにも単純な理由で死にたい。死ねば、世界は消滅する。hahaha 僕の得意なオカルト寄りのにわか哲学の出番だね。

 

そんな別に幸せな人生を送らなくて良い、というかなんか人生のなかで

 

“うわあああああ今俺超絶幸せなんだけどやべええええええええええ生きてて良かったあああああああああああああ”

 

みたいになる瞬間が1回あれば十分だ。

それ以外は平凡で良い。“言いようのない不安”が取り憑いていなければ。

 

 

 

 

あああ

無残だ。実に無残。死にたい。死にたいよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお。

 

自分を全否定される感覚。そして、yがこの世に存在していることによって心がおかしくなりそうだ。僕はyになりたいけど、yは僕になりたくない。僕は、どうあがいてもyになれない。バイアス、偏見、フィルター、神格化、そんなものとりあえず考慮から外す。うんち。なんて浅薄なんだろう。

 

僕は何もできない。でも何かをしようという気力も湧きやしない。何もできないまま、yが成長するのを見守る。邪魔かもしれないが、僕のこれまでの人生にとって最も影響を受けた人間だ。yのクオリア。頭。頭脳。知識。教養。考え方。人生。性格。障害。容姿。毛。身体。匂い。環境。人間関係。煩悩。悩み。手。メガネ。言葉。え???
?????????????????????????い?うを?????????????????

 

人生は一度きり?めんどくせえなあ。俺はなぜこの世に生を授かったんだよクソ野郎。

反出生主義になってやる!!!!!!!!!!!!!!!!!

知らん。僕は頭が悪いが、悪いんだから仕方がない。

 

失敗。うんこ。そして散歩。劣等感、そして苦しみ、無力感。決してcatch upすることはできない悲しみ、虚無感。語彙力のなさ、そして報道ステーション

 

 

 

サザエさんちびまる子ちゃん

 

 

 

 

クソみたいな世界

これから書く文章は、あまりにも支離滅裂だし、推敲もしないし、論理崩壊してるけど、僕の混沌とした内面をそのまま自然言語という人類が作り出した唯一無二のツールに昇華することによって、僕のストレスを少しでもいいから減らすという目的で書かれている。

 

昇華、開始。(“昇華”の使い方が合ってるかなんて知らない)

 

えーっと、まず僕はとんでもなく頭が悪い。ここでの頭の良し悪しってのはそのいわゆる勉強ができるかとかではもちろんなく、本質的な頭の良さっていうか、思考力というか、IQというか、まあそんな感じの頭の良さ。

で、“悪い”ってのは何を元に悪いって判断してるかというと、僕の尊敬する人たちと比較した結果、相対的に僕は頭が悪すぎるって結論に達したってこと。

仮に僕の尊敬する人たちをGとしておこう。Gに比べて、僕は、とても、頭が、悪い。

思考力もない。思考にユニークさの欠片もない。そして圧倒的に知識がない。何もない。その人たちに比べれば僕の頭なんて本当にガラクタのようなものである。とにかく僕は頭が悪い。

  

どうしてそんなに自分を卑下するのか。なんでだろう。自分がバカなのが事実ってのもあるし、自虐って楽なんだよね。楽。ツイッターでも、自虐ツイばっかりしている。だって、自虐って楽なんだもん(二回目)。

 

書くのに飽きてきた。僕は、これからの人生、自虐をしまくるし、自分の惨めさを味わってゆく。僕って自分の惨めさを味わうのが好きなんだよね。

 

惨めこそが真。僕は惨めになるために生まれてきたんだ。

 

惨めになりたい。もっと惨めになりたい。

 

良いなら良い、悪いなら悪いではっきりしたものが僕は好きなんだ。

 

 

 

 

 

 

薄っぺらい思考

考えがすぐ変わってしまう。

 

それも、“思考を深めていった結果、結論が前とは違うものになった” のような建設的なものではなく、外的な要因、つまり誰か他の人やメディア、SNSなどの表面的な言説に感化され自分の心の持ちようがいとも簡単に変化してしまう。

 

これは、もちろん自分の思考の浅薄さを如実に表している。

 

自分は、あまりにも薄っぺらい人間だ。

薄っぺらいといういうのは、知識のなさは勿論、思慮の深さ、論理的思考力、何か自分の人生哲学(笑)のようなものを形成しようとすることに対する態度、などなど全てが圧倒的に足りていない。

 

というより、まず自分に自信がない。

自分の頭の悪さを自覚しているから、自分の考えに自身が持てず簡単に人の考えに流される。

 

自分で問いを立て、自分の持つ知識教養やその他それまでの人生で培ってきた経験を用いて、自分の頭で時間をかけて何かを生み出す力を付けないといけない。

 

そのためには、世界を知らないといけない。

世界を知るというよりは、まず世界を知るためにはどんなツールがあって、それぞれどんな役割を果たしていて、それからその中身はどんな内容なのかを理解しなければいけない。

そのツールは哲学かもしれないし、数学かもしれないし、社会学かもしれないし、論理学かもしれないし、歴史かもしれないし、経済学かもしれない。

おそらくあらゆる学問だろう。

勉強をしなければならない。勉強を。能動的に。楽しく。本を読もう。😷

 

こんな抽象的なことを偉そうにカッコつけて語っている暇があったら、読みかけの本を読んでいた方がいいかもしれないが。